育児をしながら仕事も!ママ薬剤師の活躍を後押しするサイト | @薬剤師マート 薬剤師転職の王道

育児をしながら仕事も!ママ薬剤師の活躍を後押しするサイト

育休明けの職場探しといえば、何かと難しいこともあるのではないでしょうか。ママ薬剤師にとっては、仕事と育児の両立という厳しい現実が待ち構えているのです。そんなママ薬剤師をサポートする求人サイトについて紹介します。

ママ薬剤師の職場選び!育休明けへの理解が大切

子供を持つ薬剤師にとっては、職場の理解があることが何よりも好ましいことではないでしょうか。ある程度の年齢に達するようになるまでには、何かと子供のために会社を休まなくてはいけなくなるものです。
いわゆるママ薬剤師が、育休明けに職場選びをする際には、より慎重にならざるを得ないのが現実といえるでしょう。

「給料が多い」や「残業時間が少ない」などの理由だけで選択することはできません。どれだけ、自分の家庭環境などに理解を示してくれる職場かを見極める必要性があります。

ママ薬剤師におすすめの求人サイト3選

最近では目的別に薬剤師求人サイトを選択するという方法も可能です。

ここでは、育休明けで職場に復帰を目指すママ薬剤師の強い味方としてお勧めできるサイトを紹介します。それでは詳しく見ていきましょう。

育児経験を持つ専任コーディネーター。ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.comは、クラシス株式会社が運営する薬剤師求人サイトです。
とにかく、薬剤師として活躍することができる求人数の多さには定評があります。業界でも最多水準の70,000件を超える数は、ママ薬剤師にとっても期待が持てるのではないでしょうか。

ヤクジョブのおすすめポイント
  • 70,000件を超える求人数
  • わがまま条件にも応えてくれる
  • 専任コーディネーターによるアドバイス

ヤクジョブ.comの強みは、薬剤師の仕事を探す人の、いわばわがままとも言えるような要望にも応えることができる点にあります。「高収入が良い」や「土日休み希望」などの利用者のリクエストをできるだけ取り入れるようにしています。

そして、70,000件を超える求人情報には派遣のお仕事も豊富に取り扱うため、希望する勤務地や曜日、時間が自由に選びやすく、ママ薬剤師にとって魅力的なワークスタイルが実現できます。

さらに、ママ薬剤師にお勧めできるのは、専任コーディネーターによる適切な助言やアドバイスを受けることができる点です。自らも育児の経験を持つコーディネーターの存在は、頼もしい限りと言えるでしょう。

ママ薬剤師に特化した求人も!薬キャリの良さ

エムスリーキャリアが運営する薬キャリも、ママ薬剤師の職場探しでは多くの高評価を集めています。

薬キャリのおすすめポイント
  • ママ薬剤師に特化した求人特集
  • ママ薬剤師向けの条件に絞って求人検索できる
  • 悩みや不安も共有できる

薬キャリの良さは、ママ薬剤師に特化した求人特集などを行っている点が挙げられます。独身で仕事に専念することができる薬剤師とは異なり、様々な制限がかかることを余儀なくされるママ薬剤師にも働きやすい職場の情報を提供してくれます。

「週2日でも可」や「1日3時間からOK」などと子育てに追われるママ薬剤師には、好都合の条件が揃っています。実際に薬キャリを使って育休明けに就職した人の声を聞くと、子供が同年代のママ薬剤師が多くて良かったなどの好意的なものが目立ちます。

ママ薬剤師にとってベストな働き方やお金や制度に関すること、役立つ情報などの特集も行っているので、ひとりで悩む必要なく実際のママ薬剤師の声も共有しながら新しい職場を探すことができます。

スケールメリットを活かした紹介が自慢!ママ薬剤師でも高時給のファルマスタッフ

ママ薬剤師の就業実績の多さなら、ファルマスタッフは業界トップクラスと言えるでしょう。

ファルマスタッフのおすすめポイント
  • 高時給の求人があることも
  • ドラッグストアや製薬会社などの求人も紹介してくれる
  • コンサルタントがしっかりフォローしてくれる

ファルマスタッフのサイトを運営するのは、日本全国で調剤薬局チェーンを展開する日本調剤です。当然ながら、その求人数も常時60,000件以上と他のサイトをはるかに上回るものになっています。

ファルマスタッフでは、ママ薬剤師でも時給3,000円以上などの魅力的な求人があることも特徴。大手企業ならではの強みを活かせるのもファルマスタッフです。希望すれば調剤薬局に限らず併設するドラッグストアや製薬会社などでの勤務も紹介してくれます。

子どもや家族のことで毎日忙しいママ薬剤師は仕事と両立できる転職先を見つけなければなりません。子どもの送り迎えの時間があるため長時間働くことができないママ薬剤師のために残業のない転職先や、職場と保育施設の距離などもふまえて最適な転職先が見つかるようにコンサルタントがフォローしてくれます。

存在感を増すママ薬剤師

高齢化社会の進行もあり、育休明けのママ薬剤師にも大きな期待が寄せられています。ママ薬剤師にとっては、いかにして自らの都合にマッチした職場を探すことができるかがポイントになります。

そんな中、ママ薬剤師と調剤薬局などを結ぶ薬剤師求人サイトへの注目も高まっています。従前であれば、フルタイムでの勤務が可能な薬剤師向けの求人ばかりが目立っていましたが、最近ではママ薬剤師をターゲットにした求人特集も組まれるなどの動きも見られます。

ママ薬剤師にとっては、願ってもない環境といえるのではないでしょうか。