高年収で調査

薬剤師の平均年収は531万円(H26調査)

薬剤師の給料水準、年収水準は依然として高い傾向にあります。
ただ平成26年の医療費改正などにより、業界はやや冷え込む可能性も。

とはいえ薬剤師の活躍の場は増えており、以前として薬剤師不足は今後10年は続くでしょう。
在宅医療などのニーズも高まっています。

平均年収:531万円
平均月収:38万円
平均時給:2,199円
年間ボーナス等:80万円
平均年齢:38.6歳
平均勤続年数:7.0年
復元労働者数:56,180人
総労働時間:171時間/月
男性平均年収:590万円
女性平均年収:494万円
男性割合:38.4%
女性割合:61.6%

年収ラボ様のデータによると月給や男女割合データ http://nensyu-labo.com/sikaku_yakuzaisi.htm

調剤薬局    約400~650万円くらい
ドラックストア 約400~700万円以上(店長クラス)
病院       約400~650万円くらい
製薬会社    約400~800万円以上(成果主義による営業職)

人数としてもっとも多いのが、1.調剤薬局や2.ドラックストアなどのお店勤務の薬剤師です。調剤薬局の薬剤師収入は400万円から、勤続3年目で500万円程度が目安です

薬剤師の年収アップ→役職or勤務の職場施設

年収アップは「どんな職種、職場にするか?」で決まってきます。
店長、マネージャー候補として転職できれば年収アップは確実でしょう。

しかし経験10年未満で「同じような形態や施設への転職」では大幅な給料アップは見込めない可能性も。
薬剤師全体に言える事ですが「未経験」へのチャレンジ、転職は大きな可能性を秘めています。
調剤でしか働いたことが無い場合、病院や企業へ転職して「スキル的に大丈夫か?」
という心配があるのは当然。

ただ。自分ひとりで行う転職活動に比べ、
薬剤師サイトなどの担当者がサポートしてくれるサービスを使えば「ほとんどの不安」は解決します。
すでに同じような悩みを持っていた薬剤師さんは多数いるのですから、あれこれ悩むよりも聞いてしまう・相談してしまったほうが早いのですね。

第2新卒含め、経歴や経験がない場合でも「薬剤師求人サイト経由」であれば、担当コンサルタントがしっかりと経歴や強みをたな卸ししてくれます。
今の年収よりアップ可能かどうか?は電話で聞くと即答してくれるので、
あれこれえり好みするよりも、年収アップ確実、実績が多い薬剤師サイトを活用してみましょう

年収アップに定評ある薬剤師転職サイト


Warning: include(/home/userweb100/89314-mart.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/sango-theme/ranking.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/userweb100/89314-mart.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/sango-theme-child/functions.php on line 29

Warning: include(): Failed opening '/home/userweb100/89314-mart.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/sango-theme/ranking.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.34/data/pear') in /home/userweb100/89314-mart.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/sango-theme-child/functions.php on line 29